お金を借りたら必ず元金に利息を追加して返済をしなくてはなりません。その利息が借入先の収入となります。銀行や消費者金融など、お金を借りられる会社はたくさんありますが、中には契約者が気軽に利用できるように無利息期間を設けている業者もあります。条件は各社様々ありますが、5万円までであれば180日間利息がつかなかったり、金額に関わらず30日間無利息であったり、契約者が自分の意思でポイントを利用して金利をカットすることができるようなサービスを展開している会社もあります。 キャッシングをすると、最初の契約時の金利で借り入れることになります。10万円借りて年利が18%であれば1年間に18000円の金利がかかります。1日あたりは18000円の365分の1となります。金利がかからなくなるサービスは元金が大きければ大きいほどその効果が大きくなります。そういったサービスがあるかどうかは借入先を探すときに重要な条件の1つとなるでしょう。ATMの手数料が無料かどうかも重要なポイントです。借入や返済時に毎回手数料がかかってしまうと、結果として出費がかさんでしまうためです。金利がかかっていない時期でも返済が必要になる場合があるので、契約内容は確認しなくてはなりません。もし返し忘れてたりするとせっかくの無利息期間がキャンセルになってしまうこともあります。キャッシングをするときは金額と支払日はしっかり把握し、忘れないように心がけましょう。